ソニー損保はここが違う!

ダイレクト型という新しいビジネスモデルで成長を続けてきたソニー損保。
その挑戦は、まだまだ続きます。

そもそも何を売っている?
自動車保険を中心に、医療保険などを取り扱い

自動車保険を中心に、
医療保険などを取り扱い

ソニー損保は自動車保険や医療保険を主に取り扱っているダイレクト型の損害保険会社です。 合理的で質の高い保険商品を提供し、お客様が安全で安心できるパーソナルライフの実現に貢献することを目指しています。

他の保険会社との違いは?
ダイレクト型という、従来の代理店型と異なるビジネスモデル

ダイレクト型という、従来の代理店型と異なるビジネスモデル

従来の代理店型の保険会社と異なり、ダイレクト型のビジネスモデルを採用しています。保険料の見積りやご契約、保険に関するご相談、事故の対応にいたるまでお客様とのやりとりの大部分を、インターネットや電話で直接行っています。お客様の声をダイレクトに伺うことができるという特長を活かし、お客様のニーズを反映した商品やサービスを提供しています。

従来の形ではない。
だからこそ、ソニー損保ならではの違いを創っていけるのです。

常に違いを作っていく、それがソニー損保

常に違いを作っていく、
それがソニー損保

コーポレートスローガンに「FEEL THE Difference〜この違いが、保険を変えていく。〜」を掲げ、お客様にとって価値ある「ソニー損保ならではの違い」を追い求めています。「お客様の声」に真摯に耳を傾け、お客様とより良い関係を築き、お客様にとって快適な、また、価値を感じていただけるサービスや商品を提供することを目指しています。

お客様にとって価値ある違いを感じてほしい。
社員ひとりひとりの想いを実現できる環境があります。

ソニー損保だからこそ実現できる仕事がある。

ソニー損保だからこそ
実現できる仕事がある。

年次や部署に関わらず意見を出し合い、より良いものを作っていく、自由闊達でフラットな社風がソニー損保にはあります。 意欲があれば、若くても責任ある仕事を任せてもらえます。また、社員ひとりひとりの想いを大事にして、それが実現できる環境があります。