教育研修・人事制度 Study

教育研修

ソニー損保では、入社時に行われる導入研修や先輩が教育・フォローしてくれるチューター制度など入社後の教育体制が整っています。

研修内容
入社時導入研修
ビジネスマナーや損保の基礎知識、商品の基礎知識を身に付けていただくほか、各部門の役割についても理解していただきます。
部門研修
配属部署の業務に必要な知識を身に付けていただきます。
チューター制度
各職場へ配属された後は、入社3〜6年目の先輩社員がチューターとなり、独り立ちまでマンツーマンでフォローを行います。
OJT
チューター期間が終了した後も、職場の先輩社員が手厚くフォローする風土があり、成長できる環境があります。
フォロー面談
人財開発部が新人・チューターそれぞれと面談を行い、必要に応じたフォローを行います。
損害保険講座
損保総研が主催する、損害保険事業従事者の育成を目的とした講座です。
新卒2年目研修
入社からの2年間を振返る中で自身の強みや改善すべき点に気づき、3年目以降の成長へ繋げていくことを目的とした集合型の研修です。
チューター研修
チューターの役割や重要性の理解と新入社員支援に必要なマインドの理解やスキルを習得します。
SDP(Self Development Program)
MBAコースやアカウンティング、PCスキルなど約60種類の幅広いラインナップから希望の講座を選択して受講します。受講料は修了結果に応じて会社が負担します。
人事制度
社内留学
他の部門で2年間働くことができる制度です。 留学が終了した後は、留学中に得た気付きや経験を生かしていただきます。
雇用区分転換
GS社員とSC社員との間で雇用区分を変更できる制度です(転換試験あり)。 キャリアプランやライフプランに応じた働き方が可能となります。
エリア留学
他のエリアで2年間働くことができる制度です。 留学中は社宅制度が適用されます。留学が終了した後は、留学中に得た気付きや経験を生かしていただきます。
エリア異動
結婚・出産・育児、介護、配偶者の転勤などの理由で、他のエリアで働くことができる制度です。